「自己破産」異時破産廃止

異時破産廃止(異時廃止)とは、破産管財人又は裁判所の職権で破産廃止決定がされて、破産手続きを中止することをいいます。

これが適用されるケースは、破産手続開始決定後に、破産管財人が選任され、現実に破産手続きが開始されたものの、換価できるような財産がほとんどなく、破産手続きの費用も用意できない認められる場合となっています。

破産者の財産は、「一切換価処分」されることなく、その後、新たに取得した財産については破産者自らが自由に処分しても構わないことになり、居住制限もなくなります。

しかし、債務者が破産者であることは変わらないので、公私の資格制限(司法書士・弁護士・税理士・会社役員など)はあります。

銀行系 キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。